手足にできたいぼの簡単な治し方

手足などにできてしまったいぼの治し方は、イボコロリという医薬品を使用することで簡単に取り除くことができます。いぼとは皮膚が盛り上がってできた突起物で、大きく分けてウイルス性と老人性の2種類があります。加齢によってできる老人性には、イボコロリの効果は期待できため注意が必要です。イボコロリはサリチル酸という成分が含まれており、直接患部にイボコロリを塗ると、サリチル酸の働きによって皮膚の角質がやわらかくなります。サリチル酸が浸透した皮膚の深部では、新しい皮膚を再生する活動が始まり、古い角質がはがれ落ちるのと同時にいぼも取り除かれるという仕組みになっています。魚の目やたこも、イボコロリによって取り除く効果があります。このようにウイルス性は治し方が簡単で、そのほとんどが良性だと思われますが、中には悪性のものも存在しないわけではないため、急に大きくなったり痛みが発生したというような場合には、決して自己判断をせずに、専門医を受診することが重要です。また、顔や首のような皮膚がやわらかい部分には、イボコロリを使用することを控える必要があります。目や唇にも、イボコロリがつかないように注意しなければなりません。